京都で着物レンタルは花りん 祇園店・清水本店

ご予約

予約フォームはこちら


1.袴のすそから長襦袢が覗いてこないように、長襦袢のえりには襟芯を通し、左を前に、短めに着付けます。腰ひもを使い腰の部分で結びます。 

2.襟元をしっかりと合わせ、腰ひもを伊達締めで仕上げます。

3.着物をはおります。長襦袢の襟が覗かないよう、長襦袢・重ね襟・着物を洗濯ばさみで止めます。

4.着物も長襦袢と同じように少し短めに着付けます。腰のあたりでしっかり腰ひもで結びます。

5.右側にコーリンベルトをはさんで、後ろへまわします。

6.後ろから前にコーリンベルトを回して、上前(左側)にはさみます。

7.襟元をきれいに整えて、腰ひもと伊達締めで結びます。

8.袴下帯を後ろから前に2回まわします。この時、袴の位置を決めておいてください。(丈が長すぎたり短すぎたりならないように)

9.帯の長い方が上にくる様に、一度結んでおきます。

10.帯の長い方を20cmくらいにたたみます。

舞妓体験プラン花魁体験