京都で着物レンタルは花りん 祇園店・清水本店

ご予約

予約フォームはこちら


着物は、文明の歴史といっても過言でわないでしょう。
時代の変遷があったものの、わたし達の先祖は長い年月の間、季節風土や生活の中で培い社会環境の影響を受けつつ、さまざまに変換してきました。

奈良時代

この頃には社会的な階級に応じた着物が着られるようになりました。
中国の唐文化の影響を受けた聖徳太子の時代のころです。
衣服令が定められ身分階級に従い礼服・朝服・制服が決められていました。
また、衣服の組み合わせや色目も階級により決められており、自由な服装ではなくいわば制服でした。

男子

頭に冠をかぶり、欠腋袍を着て下に表袴をはき革帯をしめていました。

女子

髪は前髪をとり、裾にひだのついた裳をつけていました。 
食物繊維で作った布をまきつけるだけの質素なものでした。

平安時代

この時代の着物は最も美しく豪華で、日本独自の色合いや形が形成された時代といえます。
その様子は「源氏物語」などの絵巻にも残されています。

男子

束帯・直衣・衣冠・狩衣・水干・直垂などが着られるようになりました。

女子

十二単衣・細長・小袿袴・衣被
十二単衣は上流階級の女性の装束で、髪はおすべらかしで髪飾りをつけていました。
手には、あこめ扇と帖紙をもち、長袴をはき、袿を何枚も重ね唐衣・裳をつけ、
時季によって色の重ね方をちがえるような工夫がみられるようになりました。
一方、庶民は麻の小袖で細帯をしめていまいた。

舞妓体験プラン花魁体験