京都で着物レンタルは花りん 祇園店・清水本店

ご予約

予約フォームはこちら


主に絹を素材に使用し、織り上げた白の生地に柄付けをする「染めの着物」と呼ばれます。
柄付けの違いや紋の数、紋を入れるか入れないかなどによりその格が変わります。

黒留袖

既婚女性の第一正装の着物。
通常、結婚式に新郎新婦の母親や仲人婦人、親族の既婚女性が着用します。
裾に模様が入っていて、背中、両後ろ袖前・胸元に合計5つの家紋が入ります。

色留袖

既婚・未婚の別なく着ることができ、5つの家紋付きの場合、黒留袖と同格の第一礼装の着物です。
一つ紋、三つ紋など紋の数によって訪問着や付下げと同様のシーンでも着用できます。

振袖

未婚女性の第一礼装の着物。
成人式や結婚式などで着用します。
華やかな絵羽模様(模様が縫い目で切れず、一枚の絵のような仕上がり)と長い袖が特徴。

訪問着

絵羽と呼ばれる模様付けの着物で、礼装らしく、華やかな雰囲気が特長です。
模様が縫い目で切れないようにしてあり、一枚の絵のように仕上がっている着物です。
絵羽とは最初に生地を採寸・仮縫いし、絵を描いた後に再びほどいて染色する工程でつくられています。

色無地

一色で染められた無地の着物で、着物。
一つ紋を付け、礼装として結婚式など正式なシーンで着用されます。
また、紋を付けない色無地は街着間隔で着られます。無地ですが、布地に織り出した地紋があるものもあります。

付け下げ

着た時に模様がすべて上を向くように柄付けした着物。
絵羽模様でない事から訪問着より格下でしたが、訪問着とほぼ同格の華やかな物から、カジュアルに着られるシンプルなものまで幅広くあります。

舞妓体験プラン花魁体験